有限会社 ハッピークリーン 本文へジャンプ



リノベーションとリフォーム     違いについて





リフォームとは
一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。古くなった設備や内装を新しくしたり、間取り変えたりすることを指し「住まいの改善」全般を表す言葉として最もよく使われます。

なお、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたり新築の状態に戻すというニュアンスで使われることが多いようです。


リノベーション

既存の建物のよさを活かしながら、給排水・電気・ガスの配管なども全面的に刷新し、大規模な工事を行うことで新築以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法としてよく使われます。

英語で「renovation」は、「革新、刷新、修復」を意味しプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。

最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな改修を行うことを総称して「リノベーション」と呼ぶことも多くなっております。

 





施工事例


Step 1 資料請求・ご相談
まずは電話・FAX・E-mail等でご相談下さい。
その際に間取りや図面などがございますと、より具体的なアドバイスをさせていただけます。
その後、より詳しくプランや金額を知りたいという事でしたら、日時を決めて現場調査に伺います。

TEL:046−256−7774
FAX:046−256−8856
E-mail:happyclean@happy-clean.co.jp
Step 2 現地調査
正確なお見積書やより良いリフォームプランをご提案する為に、専門のスタッフが現在の状況を確かめ、必要な箇所の寸法などを測ります。
この時までにご家族でお話し合いになり、大まかな雰囲気や具体的な要望など、お聞かせ下さい。図面も御座いましたらご用意をお願いいたします。
そうする事で、お客様の理想により近いリフォームプランをご提案出来ます。

Step 3 プランニング&お見積り
現場調査の際のヒアリングをもとに、プランとお見積書と提案図を提出します。
お見積書は工法や部位など分かりづらい箇所も多いので、ご納得頂けるまでご説明致します。
Step 4打ち合わせ
実際に取り付ける商品や使用する内装材などを、カタログやサンプルを見ながら選んでいきます。
当社の施工例などのお写真など見て、カタログとは違う雰囲気も合わせてご確認頂きご検討して頂く事も可能です。
メーカーのショールームもご案内しますので、実際に商品を見たり、触ったり、
使ったりする事も出来ます。 お客様のご要望にピッタリくるものをとことんお付き合いし打ち合わせ致します。
Step 5 最終プラン&最終御見積り
「Step4」にて打ち合わせで決まりました商品や間取り等の最終のお見積書、最終図面などをご提出致します。今までの打ち合わせ通りになっているかご確認下さい。
Step 6 御契約
工事期間・お支払条件などを決定しましたら、工事契約を結びます。
ご契約後に商品・資材の発注やもろもろの手配を行います。
Step 7 施工開始
ご近所への挨拶まわりをしてから、専門技術をもった職人さん達が工事に入ります。
お打ち合わせに沿って工事を進めてまいりますが、途中でご要望の変更などがあった場合でも何なりと御相談下さい。 出来る限りお応えいたします。
Step 8御引き渡し
工事完成後、お手数ですがお客様立会いのもと、最終プラン通りに工事がきちんと出来ているか確認していただきます。
また同時に、商品の使用法やお手入れ法などをご説明します。
お引渡し後も不具合などありましたら、何なりとお申し付け下さい。
人と人との出会いを大切にしていきたいと考えております、小さな事もお気軽にご相談頂き、末永くお付き合いさせて頂きたいと考えております。





施工事例



当社作成既存図、提案図
Before

 
After




当社プランニング〜施工写真      Before After

Before After
リビングとキッチンの間に圧迫する壁を取り除き開放的で明るいダイニングキッチンになりました。
キッチンはやはり明るいほうがいい雰囲気ですね。
上記の様にキッチンを開放的にすることで施工前と施工後のキッチンの印象がだいぶ変わりました。スタイリッシュなキッチンにすることで機能も印象も変わります。
お風呂も新しくすることで明るさや機能の充実はもちろん、乾燥の機能などを付ける事でカビなどの繁殖を抑えお手入れも楽になります。又、暖房機能はお年寄りや小さいお子様には最適です。温度のバリアフリーの観点からもお勧めの機能です。
洗面台も新しくすることで収納量が増えたり、同じ幅でも古い洗面台より少し大きめの洗面台もあります。
日本のトイレはとても優秀で有名です。節水に着目すると古いタイプのトイレよりも最新型のトイレの方が断然節水することができます。